>レポート>レシチンは視覚機能の維持に役立つ【健康食品で摂取】

レシチンは視覚機能の維持に役立つ【健康食品で摂取】

女の人

脳に必要な栄養素

コレステロールを含まず、栄養素だけを取り入れられる大豆レシチンは、肝臓脂質合成抑制や血中脂質改善効果が有名ですが、それだけではありません。記憶や学習といった脳機能の保全効果が高いといわれる、アセチルコリンの原料となるコリンを供給する働きを持ちます。コリンが減少することでアセチルコリンが供給されにくくなり、いらいらすることや睡眠障害が発生しやすいです。更に、記憶や視覚に関する機能不全に陥りやすくなるといわれており、毎日脳の記憶をキープさせる為には、積極的に取り入れることが必要といわれています。食事中に積極的に取り入れることで言語や視覚への記憶力をキープできるといわれているため、毎日取り入れることが望ましいでしょう。

女性

レシチンの一日の摂取量の目安

1日に必要とされている量として、三千ミリグラムから六千ミリグラムといわれているため、食事で取れるだけ取り入れてください。卵にもレシチンは豊富に含まれていますが、コレステロールも含まれているため、コレステロールに不安を抱く方は医師と相談してください。対して大豆であればコレステロールが存在していないため、不安な場合には積極的に活用すると栄養を取り入れやすいです。また、穀類やごま油をはじめ、レバーや小魚、うなぎにも豊富に含まれているため、健康の為に栄養バランスを考えて毎日とり入れてください。どうしても取り入れることが難しい場合には、健康食品を活用することで、ストレスフリーな取り入れ方ができるでしょう。